バイク初心者がネットオークションでバイクを買う注意点

ネットオークション(ヤフオク)を利用すると、市場での販売価格よりも段違いで安く買える場合があります。バイクによっては、市場ではなかなか見つけられないバイクや、旧車なども半額程度の値段だったり、それ以上安く買える時もあります。

ただしオークションなので、人気=値段な部分はあるので、安く買いたければ不人気車を狙うのが王道でしょう。

ちなみに管理人はヤフオクで落札したバイクは4台ほどありまして(1台残して手放してます)、個人、バイクショップ、解体屋からの購入経験があります。

バイク ヤフオク

ネットオークションでバイクを買う時の注意点

個人的には、バイク初心者が初めての1台にネットオークションでバイクを手に入れる事には反対なんですが、それでも安くバイクを買いたいって方はこれから書くことを1回は読んでみて下さい。

まずは、完全バイク初心者がネットオークションでバイクを落札するのは、かなりリスクがあることを頭に入れておく必要があります。

その理由に、

  • 現車の確認が出来ない(しにくい)
  • ノークレーム・ノーリターン
  • 現金一括払い
  • ナンバー変更
  • 自走出来ない

が、あるからです。

バイクショップが出品している場合は、基本的にバイクショップサービス(消費税、サービス料)での販売になるところがほとんどです。

現車の確認が出来ない(しにくい)

出品場所が近くだったら、質問欄で現車確認できるかどうかを聞いてみて、1度確認してみると良いでしょう。

この時に理由を付けて断られるようでしたら、縁がなかったとして諦める事が肝心です。

なぜなら、ネットオークションにある出品バイクの参考写真は意外とキレイに写っているからです。

管理人も何台か出品した事があるから分かるのですが、車体のサビや塗装のハゲ、全体的なやれた感じは写真なんかでは伝わり切れません。

写真撮影しちゃうと、逆に小さな傷やさび、凹みはそれほど目立たなく写ってしまうものなんです。キレイな部分だけに目がいっちゃうんですね。

だから、写真だけで判断すると実際の車両を見てガッカリって事になっちゃいます。

見に行くときはバイクに詳しい人と一緒に

完全初心者1人ぼっちで見に行くよりは、ちょっとでもバイクを知っている人と見に行く方が安心です。

これは、2人だと聞きにくい事でも質問できますし、自分が気付かない事を連れが気付いてくれたりします。

エンジンはコールドスタートで

それと、エンジンがかかる車体でしたら、見に行くまでにエンジンをかけないでいてもらう事が重要です。

基本的にエンジンはエンジン始動前後にトラブルが発生しがちなので、エンジンが暖まった状態ではそれが分からないからです。

具体的には、始動性が悪い。セルの勢いが悪い。アイドリングが安定しない。スグにエンストする…などなどです。

まれに、エンジンが暖まると調子を崩す場合もあるのですが、これは暖機運転を続けてれば兆候が出るかもしれないので、まだ分かりやすいです。

ノークレーム・ノーリターン

ヤフオクの決め台詞みたいなものなんですが、読んでの通りです。

落札後の文句も、返品も出来ません。

管理人的には、バイク初心者がネットオークションでのバイク購入を勧めない理由の一つだったりします。

落札後に実際のバイクを見たら酷いポンコツでも、文句は言えませんし、お買い上げになります。まれに、話の分かる出品者でしたら、落札手数料と手間代で手打ちにしてくれたりしますが、基本的にはNGです。

現金一括払い

バイクショップが出品している場合は、保証が付けられたり、ローンが組める場合もありますが、個人の場合ですと一括での支払いになります。

そこそこ安い値段のバイクでしたら問題無いのですが、何十万もするバイクになると現金を用意するのも大変だし、万が一トラブルを抱えた車両だったら目も当てられません。

泣き寝入りして、自腹を切って修理するほかありません。

管理人的には、ヤフオクで現金一括で買えるバイクの値段は30万円位まででしょうか?それでも、市場よりは安く買えますし、不具合があっても後悔しない値段です。

ナンバー変更・所有者変更

バイクに乗り出すまでの行政手続きが面倒なのも、オークションならではのポイントです。

手続きについて詳しくは説明しませんが、基本的に役所、車検場は平日しかやっていません。平日休みの人ならチャレンジしても楽しいかもしれませんが、土日休みの人はなかなか大変な作業になります。

自走できない

オークションで購入の際の一番の問題点だったりします。

不動車ならそもそも自走が無理ですし、走れたとしても、車検切れたっだりすれば保険に入って仮ナンバー取ってと手間がかかります。

ハイエースなどの、通称トランポと呼ばれるバイクを積み込めるクルマとラダーレールを持っていれば簡単なんですが、トラックでも代用できます。

慣れないと1人だと厳しいので2人で引き取りに行くのが安全です。

まとめ

…しかし、バイク1台買うのに大げさですよね。

バイクにハマってくれば、ヤフオクで安く車両を買って、自分でメンテナンスして乗れば安上がり~なんて、こんな事が楽しくなってくるんですが、バイク初心者にはちょっと敷居が高い感じがします。

管理人としてはやっぱり、最初の1台はバイクショップで買って遊ぶのが安心だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする