オートバイでカーフェリーを使った北海道への航路&料金ガイド

オートバイの免許を取得して、ツーリングにも慣れて来たら一度は訪れてみたい場所ナンバーワンはやっぱり北海道です。

管理人もテント&ライダーハウス(ライハ)を使ったロングツーリングに行って来ましたが、最高の想い出の1つになってます。

北海道へ渡るフェリー

フェリー料金だけを知りたい方はサクッと見出しをタップして下さい。

フェリーでの行き方メリット・デメリット

個人的にイチバンおすすめしたい行き方は長距離フェリーでの方法です。

長距離フェリーの最大のメリットは陸路を走るガソリン代と高速道路代を節約できる事と、ちょっと非日常的な船旅気分を味わえることです。

メリット

  • ガソリン代、高速料金節約
  • 船旅気分
  • 北海道までのんびり休める

デメリット

  • 発着港が限られてる
  • 遅い
  • トップシーズンは値段が高い
  • 船酔い

などが挙げられます。

個人的な意見ですが、発着港が自宅から離れていても、陸路で青森まで行ってフェリーで北海道を目指すのと料金的には同じ感じになるので、くつろいで行けるカーフェリーをおすすめします。

カーフェーリーの基礎知識

カーフェリーは車やバイク等の2輪車とドライバー、ライダー、同乗者を一緒に積んで航海する船です。

ここではオートバイ(ライダー)に絞って説明していきます。

お盆休み、年末年始の予約は早めに

毎年、お盆休み、年末年始は帰省&レジャーで予約は直ぐに埋まってしまいます。フェリー会社によりますが、予約は2ヶ月前から取れるのでプランが決まっていればなるべく早めに予約しましょう。

人気航路は数十分程度で予約が埋まる事もあります。

バイク運賃にはライダー運賃が含まれない

普通乗用車は乗用車1台の運賃にはドライバー1名の旅客運賃が含まれてますが、オートバイは違います。

ほとんどのカーフェリーはオートバイ等の2輪車は特殊手荷物扱いになるので、大人1名の旅客運賃に排気量別の特殊手荷物運賃を足した価格がフェリー代金になります。

運賃は大人(部屋のグレード)+バイク(排気量別)

お盆、GW、年末年始は高い

航空路線やホテル、旅館などと一緒で、お盆、ゴールデンウィーク、年末年始のいわゆるトップシーズンは運賃が値上がりします。

ただし、フェリー会社によっては特殊手荷物料金は変わらず、旅客運賃だけが変わったり、両方とも変わったり、共に変わらずとマチマチなので、注意が必要です。

トップシーズンは割高

出港すると車両区画には入れない

船が港から出ると基本的には車両区画には立ち入り禁止になります。

なので、着替えお風呂セット、コスメなど客室で快適に過ごすグッズは小さめのバッグにあらかじめ分けておくと便利です。

アップグレードするとより快適な船旅に

一番安い旅客運賃の客室は大広間に雑魚寝ってのが定番なんですが、これは船によっても違います。

個人的にはもうちょっとお金を出して、2段ベッドなどのコンパートメント客室にした方が北海道までプライベートが保たれて良いと思います。

オススメは仕切りがある寝台

北海道航路 フェリー料金表

北海道に渡るライダーがよく使う代表的な航路と運賃を調べてみました。

料金については最新ではない可能性もあるので、予約する際にはフェリー会社のWEBサイトで確認してください。

関東・茨城 三井商船フェリー

関東地区は、昔は東京港発もあったんですが、今では大洗だけになってしまいました。僕も使った事がありますが、東京近郊から大洗までがちょっと遠いです…

大洗港(茨城県)⇔苫小牧

所要時間 約18時間~19時間

夕方便と深夜便の2本立てですが、旅客運賃が安い夕方便の料金を載せてます。

運賃がシーズンによって4段階に分かれてますが、会社のお盆休みや学校の夏休みに出かける場合は、ほぼB,C,D期間のいずれかに当てはまり、お盆休みだと確実にD期間になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間 D期間
コンフォート 13,330円 13,840円 15,900円 19,500円
ツーリスト 8,740円 9,050円 11,310円 14,910円
オートバイ運賃
原動機付自転車 (50cc以下) 6,170円
原動機付自転車(50cc超・125cc以下)
二輪自動車(125cc超・400cc以下)
11,310円
二輪自動車 (400cc超・750cc以下) 14,400円
二輪自動車 (750cc超) 16,460円
自転車、その他軽車両・受託手荷物 1,950円

オートバイ運賃はシーズン料金は適用されないで固定料金になります。

旅客運賃とオートバイ運賃の合計が渡道費用になります。なので、雑魚寝部屋(ツーリスト)でお盆休みに750㏄オーバーの大型バイクのソロツーリングで行くなら…

31,370円

になります。

公式サイト:三井商船フェリー

名古屋・仙台 太平洋フェリー

中部・関西地区在住の方は太平洋フェリーか、新日本海フェリーになります。

船舶によって旅客料金が変わりますが、『きたかみ』が平成30年でラスト航海なので『いしかり・きそ』の料金を載せてあります。『きたかみ』の旅客料金は『いしかり・きそ』より1,000円安いので参考にして下さい。

名古屋⇔仙台⇔苫小牧

途中で仙台を経由していくのでかなり時間がかかりますが、船旅気分を満喫できます。寄港すると意味もなく気分が盛り上がるんです(笑)

所要時間 約40時間

運賃がシーズンによって3段階に分かれてますが、会社のお盆休みや学校の夏休みに出かける場合は、ほぼB,C,期間のいずれかに当てはまり、お盆休みだと確実にC期間になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
2等 10,800円 11,900円 12,900円
B寝台 12,900円 14,500円 16,000円
オートバイ運賃
A期間 B期間 C期間
自転車 4,700円 5,200円 5,700円
50cc以下 7,200円 7,800円 8,300円
50cc超400cc以下 12,400円 13,400円 14,400円
400cc超750cc以下 17,500円 19,100円 20,100円
750cc超 19,500円 21,500円 23,000円
側車付・三輪トライク 21,600円 23,700円 25,200円
側車付・三輪トライク(牽引ボックス付) 28,300円 31,400円 34,500円

※オートバイ運賃も季節料金が設定されているので注意してください。

お盆休みにリッターバイクでB寝台を使って行くと…

39,000円

さすがに距離がありますから、料金も高くなります。

仙台⇔苫小牧

所要時間 約15時間

2等客室はいわゆる雑魚寝部屋。プライバシーを確保したいならB寝台をオススメします。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
2等 8,300円 9,300円 9,800円
B寝台 10,400円 11,900円 12,900円
オートバイ運賃
A期間 B期間 C期間
自転車 2,600円 3,100円 3,600円
50cc以下 4,200円 4,700円 5,200円
50cc超400cc以下 7,200円 8,300円 8,800円
400cc超750cc以下 9,800円 10,800円 11,900円
750cc超 12,300円 13,100円 14,800円
側車付・三輪トライク 13,900円 15,500円 17,000円
側車付・三輪トライク(牽引ボックス付) 21,600円 24,200円 26,300円

お盆休みにリッターバイクでB寝台を使って行くと…

27,700円

になります。

公式サイト:太平洋フェリー

舞鶴・敦賀・新潟・秋田  新日本海フェリー

日本海側からの北海道への海路を一手に引き受けているのが新日本海フェリー。発着港も多いので日本海側に住んでる方は使わない手はありません。

航路が複数あるので、寄港しないで一気に北海道まで行ける航路(そのぶん時間短縮)だけをピックアップしました。

舞鶴⇔小樽

札幌や最北端を目指すならこの航路が最短距離になります。

所要時間 約21時間

ツーリストAは相部屋コンパートメント寝台。ツーリストSは完全個室の寝台になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
ツーリストA 9,970円 11,200円 16,750円
ツーリストS 16,340円 17,680円 21,900円

※雑魚寝大部屋はありません。

オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車(輪行含む) 2,880円 2,980円 3,090円
原動機付自転車(125cc以下) 6,690円 7,510円 8,950円
二輪自動車 (750cc未満) 9,670円 10,800円 13,580円
二輪自動車 (750cc以上) 12,240円 13,890円 17,690円
サイドカー・トライク等 15,320円 17,380円 22,110円

お盆休みにリッターバイクでツーリストAを使って行くと…

34,400円

になります。

敦賀⇔苫小牧東港

舞鶴⇔小樽航路と料金は同じです。

所要時間 約20時間

ツーリストAは相部屋コンパートメント寝台。ツーリストSは完全個室の寝台になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
ツーリストA 9,970円 11,200円 16,750円
ツーリストS 16,340円 17,680円 21,900円

※雑魚寝大部屋はありません。

オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車(輪行含む) 2,880円 2,980円 3,090円
原動機付自転車(125cc以下) 6,690円 7,510円 8,950円
二輪自動車 (750cc未満) 9,670円 10,800円 13,580円
二輪自動車 (750cc以上) 12,240円 13,890円 17,690円
サイドカー・トライク等 15,320円 17,380円 22,110円

お盆休みにリッターバイクでツーリストAを使って行くと…

34,400円

になります。

新潟⇔小樽

所要時間 約16時間

ツーリストC、ツーリストAは相部屋コンパートメント寝台。ツーリストSは完全個室の寝台になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
ツーリストC 6,680円 7,300円 10,380円
ツーリストA 8,830円 9,510円 13,560円
ツーリストS 10,380円 12,440円 16,550円

※雑魚寝大部屋はありません。

オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車(輪行含む) 1,750円 1,850円 1,950円
原動機付自転車(125cc以下) 5,040円 5,970円 7,100円
二輪自動車 (750cc未満) 6,890円 8,130円 10,180円
二輪自動車 (750cc以上) 8,430円 10,180円 12,960円
サイドカー・トライク等 10,590円 12,750円 16,150円

お盆休みにリッターバイクでツーリストCを使って行くと…

23,340円

になります。

秋田⇔苫小牧東港

所要時間 約11時間

ツーリストJは雑魚寝相部屋、ツーリストBは古いタイプのコンパートメント寝台。ツーリストAは相部屋コンパートメント寝台。ツーリストSは完全個室の寝台になります。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
ツーリストJ 4,730円 5,240円 7,190円
ツーリストB 5,510円 6,490円 8,800円
ツーリストA 6,210円 7,300円 9,920円
ツーリストS 7,300円 8,630円 11,410円
オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車(輪行含む) 1,130円 1,230円 1,340円
原動機付自転車(125cc以下) 3,700円 4,320円 5,550円
二輪自動車 (750cc未満) 4,940円 5,970円 7,100円
二輪自動車 (750cc以上) 5,970円 7,510円 8,740円
サイドカー・トライク等 6,890円 8,640円 9,980円

お盆休みにリッターバイクでツーリストJを使って行くと…

17,170円

になります。

公式サイト:新日本海フェリー

青森県からは3航路

陸路で青森県まで行っても最後はフェリーに乗らないと北海道には渡れません。

青森県に青森、大間、八戸と3つの港から北海道に渡れます。

津軽海峡フェリー

青森県側から函館まで2つの航路で運航しています。

青森⇔函館

北海道に渡る人気の航路になるので、お盆休み等のトップシーズンは予約必須です。

所要時間 約3時間20分

乗船時間は短いので、無理して良い席を確保する必要はなくイチバン安い相部屋がお得だと思います。

スタンダードは相部屋、ビューシートは進行方向に向いたプライベートシートでくつろげます。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
スタンダード 2,220円 2,770円 3,190円
ビューシート 2,750円 3,440円 3,960円
オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車 1,230円 1,540円 1,770円
原動機付自転車(125cc以下) 1,780円 2,220円 2,550円
二輪自動車 (750cc未満) 2,660円 3,330円 3,830円
二輪自動車 (750cc以上) 3,550円 4,440円 5,110円
サイドカー・トライク等 6,580円 8,220円 9,450円

お盆休みにリッターバイクでスタンダードを使って行くと…

8,300円

になります。

大間⇔函館

大間は青森や八戸からでも結構距離があり、時間がかかるので注意が必要です。

所要時間 約90分

乗船時間はかなり短いので、むりして良い席を確保する必要はなくイチバン安い相部屋がお得だと思います。

スタンダードは相部屋、カジュアルシートはプライベートシートでくつろげます。

旅客運賃
A期間 B期間 C期間
スタンダード 1,810円 2,260円 2,600円
カジュアルシート 2,220円 2,770円 3,190円
オートバイ運賃
期間A 期間B 期間C
自転車 820円 1,020円 1,170円
原動機付自転車(125cc以下) 1,230円 1,540円 1,770円
二輪自動車 (750cc未満) 1,640円 2,050円 2,360円
二輪自動車 (750cc以上) 2,060円 2,570円 2,960円
サイドカー・トライク等 4,110円 5,140円 5,910円

お盆休みにリッターバイクでスタンダードを使って行くと…

5,560円

になります。

公式サイト:津軽海峡フェリー

青函フェリー

旅客運賃が2シーズン固定運賃を取っているので非常に分かりやすいです。

所要時間 約4時間

乗船時間は短いので、むりして良い席を確保する必要はなくイチバン安い相部屋がお得だと思います。

スタンダードは相部屋、ビューシートは進行方向に向いたプライベートシートでくつろげます。

旅客運賃
10月~5月 6月~9月
2等椅子・カーペット席 1,600円 2,000円
オートバイ運賃
10月~5月 6月~9月
自転車 800円 1,000円
原動機付自転車(125cc以下) 1,600円 2,000円
二輪自動車 (750cc未満) 2,400円 3,000円
二輪自動車 (750cc以上) 3,200円 4,000円
サイドカー・トライク等 6,400円 8,000円

お盆休みにリッターバイクでカーペット席を使って行くと…

6,000円

になります。

公式サイト:青函フェリー

シルバーフェリー

八戸⇔苫小牧航路の他に宮古⇔室蘭航路が出来たので、太平洋側からの北海道へ渡るのが便利になりました。

シーズン料金を設定していないので、トップシーズンでも通常料金で乗船できます。また、学生料金を設定しているので高校生や大学生は学割料金で乗船できます。

八戸⇔苫小牧

所要時間 約8時間

船によって船室の構成に違いがあるので注意してください。

2等室は相部屋雑魚寝、2等寝台Bは相部屋コンパートメント客室、2等寝台Aは個室寝台になります。

旅客運賃
大人 学生
2等寝台A 7,500円 6,500円
2等寝台B 6,500円 5,500円
2等室 5,000円 4,000円
オートバイ運賃
料金
自転車 2,500円
原動機付自転車(125cc以下) 5,000円
二輪自動車 (750cc未満) 7,000円
二輪自動車 (750cc以上) 9,000円

お盆休みに大人がリッターバイクで2等寝台Aを使って行くと…

16,500円

になります。

宮古⇔室蘭

函館にも札幌にも微妙に遠い室蘭発着の航路になりますが、洞爺湖を最初に周るならオススメの航路になるかもしれません。

所要時間 約10時間

2等室は相部屋雑魚寝、2等寝台Bは相部屋コンパートメント客室になります。

旅客運賃
大人 学生
2等寝台B 8,000円 6,800円
2等室 6,000円 4,800円
オートバイ運賃
料金
自転車 2,600円
原動機付自転車(125cc以下) 5,200円
二輪自動車 (750cc未満) 7,300円
二輪自動車 (750cc以上) 9,400円

お盆休みに大人がリッターバイクで2等寝台Bを使って行くと…

17,400円

になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする